Double surgery

二重手術の種類

二重手術は主に「埋没法」と「切開法」の2種類にわかれます。
埋没法は細い医療用の糸を使い瞼の内側を止めて二重にする方法で、15分程度の手術時間ででき、費用も2万円~と比較的に低価格できるのでとても人気が高いプチ整形方法です。
部分麻酔をし、切開法よりも腫れも少なく、翌日にはメイクもできるのでダウンタイムの期間も少ないので働いている方、学生の方でも利用しやすいというメリットもあります。しかし、糸がほどけてしまうと一重に戻ってしまうという可能性もあるので注意が必要です。1点留めや2点留めなど糸を留める本数も選べるので病院で良く相談してみると良いでしょう。「切開法」は糸で留める埋没法とは違い、瞼にメスを入れ切開をして二重を形成する方法で、瞼の厚みを薄くして二重になりやすく縫合することで半永久的な二重を形成することが可能になります。
ただし切開法は埋没法より価格が高価で、切開をしているのでダウンタイムも2カ月、完全に傷が目立たなくなるには約半年と長期的にかかってしまうのがデメリットです。瞼が厚ぼったく皮膚が多い場合や、幅の広い二重などは埋没法だと取れやすくなってしまったり、対応できない場合もあるので、病院でしっかりとカウンセリングを受け、なりたい二重を相談することをお勧めします。

トピックス

  • 二重手術の基礎知識

    多くの女性が憧れるパッチリとした二重瞼は、大阪で二重手術を受けることで叶えることが出来ます。二重手術には大きく分けて二つの方法があります。二重手術によって理想的な二重瞼にしたいと検討されている方は特に、知っておくべき基礎知識をご紹介します。…

    MORE

  • 全切開二重手術をしました

    私は4年前に大手美容クリニックにて二重まぶたの全切開手術をしました。全切開は埋没法に比べ一生モノとは言われていますがカウンセリングをしてみると、やはりデメリットも多いことがわかりました。プチ整形とは違いメスを使った手術になるので、手術後…

    MORE

TOP